だれもが安心してくらせるまちづくりのために


地域包括支援センター

地域包括支援センター

 地域包括支援センターについて

「地域包括支援センターとは」高齢者のみなさまが住み慣れたまちで安心して暮らしていけるように、介護・福祉・保健・医療など、さまざまな面から高齢者やそのご家族を支援いたします。

「地域包括ケア」の中核機関とし、
①総合相談支援
②権利擁護
③介護予防ケアマネジメント
④包括的・継続的ケアマネジメント といった機能を担っています。

社会福祉士・保健師・主任ケアマネジャーが中心となりお互いに連携しご本人、ご家族、地域住民、ケアマネージャーなどからの相談ごとの解決に努めています。
困ったことは、なんでもご相談ください。

地域包括支援センターのしごと   介護保険   在宅介護ガイドブック

地域包括支援センターブランチ窓口

認知症(認知症サポーター・徘徊SOSネットワーク・認知症カフェ(オレンジカフェ))

介護予防   介護支援サポーター   出張講座   権利擁護

介護保険事業所の皆様へ

地域包括ケア会議について

高齢者個人に対する支援の充実と、地域基盤の整備を目的に開催しています。

  1. 「個別課題解決機能」多職種が協働して個別ケースの支援内容を検討する。
  2. 「ネットワーク構築機能」 高齢者の実態把握や課題解決を図り、地域の関係機関等の連携を高め地域包括支援ネットワークを構築する。
  3. 「地域課題発見機能」個別ケースの課題分析等を積み重ねることにより、地域に共通した課題を浮き彫りにする。
  4. 「地域づくり・資源開発機能」インフォーマルサービスや地域の見守りネットワークなど、地域で必要な資源を開発する。
  5. 「政策形成機能」地域に必要な取組を明らかにし、政策を立案・提言する。

 

介護保険運営協議会

市町村が設置した運営協議会の意見を踏まえて、適切な運営、公正・中立性の確保や、地域包括支援センターの円滑な運営を図るために設置されています。委員は介護サービス及び介護予防サービスに関する事業者及び職能団体(医師、歯科医師、介護支援専門員等)、介護サービス及び介護予防サービスの利用者、介護保険の被保険者、介護保険以外の地域の社会的資源や地域における権利擁護、相談事業等を担う関係者で構成されています。

pdf_orgamization第00回介護保険運営協議会資料(後日掲載)

 

包括的・継続的ケアマネジメント

地域の高齢者が住み慣れた地域で暮らすことができるよう、主治医と介護支援専門員との連携はもとより他の様々な職種との多職種協働や民生委員などの地域の関係機関との連携(ネットワーク)を図り、高齢者一人ひとりの心身の状態や生活環境の変化などさまざまな問題の解決にむけて支援を行います。

 

多職種連携事業

高齢者やその家族が安心して地域で暮らせるようにニーズや状態の変化に応じて必要なサービスが受けれるように介護・福祉・保健・医療の機関で在宅支援に向けての地域ケア体制の構築や研修会などを行っています。

●平成27年度 第3回 りんくう愛たいネット研修会(泉佐野市・田尻町多職種連携研修会)を開催します。

平成28年2月25日(木)14:00~15:30 たじりふれ愛センター 4階研修室

申込書はこちら ⇒ 第3回りんくう愛たいネット申込書

●平成27年度 多職種連携講演会 「~多職種のチカラ~ “いつまでも 自分の口から おいしく食べるために”」

平成27年11月14日(土)13:30~17:30 りんくう教育研修棟 3階大会議室(定員200名)

詳細・申込書はこちら ⇒ 平成27年11月14日多職種連携講演会

●平成27年度 第2回 りんくう愛たいネット研修会(泉佐野市・田尻町多職種連携研修会)を開催します。

第2回 りんくう愛たいネット案内文

申込書はこちら ⇒ 第2回りんくう愛たいネット申込書(WORD)

●平成27年度 第1回 りんくう愛たいネット研修会(泉佐野市・田尻町多職種連携研修会)を開催します。

りんくう愛たいネット案内文(pdf)

申込書はこちら ⇒ りんくう愛たいネット申込書(word)

» 地域包括支援センター

topへ戻る